FC2ブログ

きまぐれアニメ雑記

アニメ、ゲームの感想が中心のブログです。

桃華月憚 第16話「星」 レビュー

2007.07.21

category : 桃華月憚

香陽が初登場した回っぽいです。
つまりこれで香陽の出番は終了という事ですか。
「寧々姉~!」って甘える姿が強烈なだけに
ここで退場というのは何か心細いです。

でも最後の出番(?)なだけに
初登場は更に強烈です。
寧々のお尻や足が素敵とか言ったり
桃香のキャミソール奪ったり
自分を慰める為の「寧々108号」を使ったり…
108の意味が煩悩を考えている所は
1000年以上生きているだけあって
実は頭がいいんじゃないか?

ちなみに俺は真琴と同様に
後107人いると考えていました。
そっちのほうが自然じゃないか?
寧々姉ハーレム何だよ?(笑)

既に香陽はこの時、由美子の中の
ジュナの存在に気がついていたんですか。
桃花にもセイがいるのにジュナに
いち早く気がついたという事は
改めて恐ろしい存在何だなというのを感じましたよ。

どうやら千年以上生きている理由は
イブは関係ないみたいです。
イブのソーマを浴びたら不老不死ですけど
寧々もいずれは死ぬみたいですし。
そもそも人間じゃないらしいですし。

でさ桃香達はなんという彗星を見るんだ?
「ひぃ~ひゅ~ひぇ~しゃんしょんしゅいしぇい」
…俺にはこうしか聞こえない!!
彗星という言葉も「しゅいしぇい」になってしまう!
つ~かこれは「せっちゅ語」じゃないか!



スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

RENGIN

Author:RENGIN
原作やHPをあまりみない人です。

カウンター
月別アーカイブ
01  07  05  04  01  07  02  06  04  03  02  03  10  09  08  07  06  04  02  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

Copyright ©きまぐれアニメ雑記. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad