今頃かよ!

アニメ、ゲームの感想や雑記が中心のブログです。

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハヤテのごとく! 第18話「レアカードは水着です」 レビュー

2007.07.30

category : ハヤテのごとく!

comment(0) trackback(2)

本当は20話らしいお話です。
飛行機恐怖症で林間学校に行かないヒナギクも
所々でサービスカットが出ているけど
どうせなら他の方との絡みが見たかったです。

今回のパロディは「コードギアス」のランスロットや
背景に「いぬかみっ!」の仮名さんが出てたり
深夜ネタが増していたかな。


そういえばコードギアスまだ見てないな…

話は繋がっている感じがあまりなかったけど
ナギがちゃんと日焼けしているのは
ここまでやるのか~と驚きました。


伊澄は合流するというのになんで北国なんだ(笑)
飛行機を間違ったのか?
ちゃんと合流していれば伊澄の水着も見れたのにな…

次はピチピチの17歳、マリアさんが主役っぽいです。
でもハヤテとか17歳っていうの信じてないよな。



次回予告はCCさくらか…

続きはこちら >>
スポンサーサイト

帰って来ました!!

2007.07.29

category : 雑記

comment(0) trackback(0)

金曜日の9時頃に飛行機で帰って来ました。
サーボやFA(ファクトリーオートメーション)
の話を聞けて実にいい経験が出来たけれど…
体調が悪いな…(ヒント:深夜番組、深夜アニメ)

何か熱はないけど体がだるいです。
問題なくアニメを見れたのはいい事だったけどな。
けど「ななついろ★ドロップス」はさすがに見れなかったです。
早朝だろ、あの時間は…(汗)
明日から感想を再開します。
今度は礼状、発表の準備をしなくては…
夏休みっぽくないな今年の夏は。



しばらくお休みします…。

2007.07.22

category : 雑記

comment(0) trackback(0)

明日から金曜日まで
インターンシップというのに
行かなくてはいけないので
その間は更新が出来ないです。
空港の手続きとか初めてだから戸惑ったわ~。

先週の「ななついろ★ドロップス」、
「Darker than BLACK」
「School Days」
今日の「ハヤテのごとく!」はまだ書いてないけど
言いたい事が一杯あります。
特に誠には…ね。(怒)

けど明日は6時くらいに家を出なきゃいけないので
もう少ししたら寝ます(汗)

帰って来るのは夜遅くなので
土曜日から再開する予定です。
…あぁ「らき☆すた」見れねぇ。
「もえたん」見れねぇ。
もう殆ど直で見れねぇ…うぅ、悲しいな~~。



ひぐらしのなく頃に解 第3話「厄醒し編 其の弐 無力」 レビュー

2007.07.22

category : ひぐらしのなく頃に

tags : ひぐらしのなく頃に アニメ レナ

comment(0) trackback(3)

買い物をしようとしても無視されたり
金を落としても全く相手にされたり
北条家(といっても沙都子しかいないけど)に
対するひいきは酷いです。

梨花ちゃんと対比して
見ているのもあるから無茶苦茶腹が立つな。
ダム建設に賛成した家族の一人だからって
そこまで無視するのかよ!
沙都子は気にしていないって言ってるけど、
これは当然辛いですよ。
…よし!ここは「にーにー」の俺が一肌(以下略)

部活は祟殺し編でカットされた内容がここで来ましたか。
亀田君の密かな楽しみも魅音には筒抜けです。

↑これ、漫画の1巻でもありましたね(笑)

「少女はケーキと訳しましょう☆」までは来なかったか。
さすがにそこまで来たら変態を超えてますか(笑)

夜には梨花と羽入(だよね?)の会話があったけど
羽入の存在はまだよくわからないです。
梨花ちゃんにしか存在はわからないのか?
死から逃れようとはしているけど、
「もう遅い」という事で事件がこれから起こりますね。

今回で惨劇が起こるとばかり思っていましたが
2クールで三つの話だからか随分とスローペースですね。
その分細かい所までしっかりやってくれるでしょう。
これからも楽しみです。



爪剥ぎは勘弁して下さい…

桃華月憚 第16話「星」 レビュー

2007.07.21

category : 桃華月憚

comment(0) trackback(0)

香陽が初登場した回っぽいです。
つまりこれで香陽の出番は終了という事ですか。
「寧々姉~!」って甘える姿が強烈なだけに
ここで退場というのは何か心細いです。

でも最後の出番(?)なだけに
初登場は更に強烈です。
寧々のお尻や足が素敵とか言ったり
桃香のキャミソール奪ったり
自分を慰める為の「寧々108号」を使ったり…
108の意味が煩悩を考えている所は
1000年以上生きているだけあって
実は頭がいいんじゃないか?

ちなみに俺は真琴と同様に
後107人いると考えていました。
そっちのほうが自然じゃないか?
寧々姉ハーレム何だよ?(笑)

既に香陽はこの時、由美子の中の
ジュナの存在に気がついていたんですか。
桃花にもセイがいるのにジュナに
いち早く気がついたという事は
改めて恐ろしい存在何だなというのを感じましたよ。

どうやら千年以上生きている理由は
イブは関係ないみたいです。
イブのソーマを浴びたら不老不死ですけど
寧々もいずれは死ぬみたいですし。
そもそも人間じゃないらしいですし。

でさ桃香達はなんという彗星を見るんだ?
「ひぃ~ひゅ~ひぇ~しゃんしょんしゅいしぇい」
…俺にはこうしか聞こえない!!
彗星という言葉も「しゅいしぇい」になってしまう!
つ~かこれは「せっちゅ語」じゃないか!



アイドルマスター XENOGLOSSIA 第16話「アイドルとアイドル」 レビュー

2007.07.19

category : アイドルマスター XENOGLOSSIA

comment(0) trackback(3)

OPが変更されていました。
タイトルロゴ時の春香がカッコいいです。

OP内のiDOLは新たにレーザー砲みたいな武器を装備していたので
トゥリアビータとの戦いで肉弾戦は減るかな?

それとOPや話の中で雪歩は裏があるのが
より明確になっていました。
雪歩がスパイや寝返る説は
何回も「違う→本当→違う…」とコロコロ変えていたけど
その説はやはり本当そうですね。
「いや、雪歩はそんなんじゃない!」
とまた意見を変えるかもしれませんがその時は許して下さいね。(オイ)

今回は春香のアイドル活動が中心だったので
もしかしたら原作に近づいたのかも。
活動の中にはやよいのように
着ぐるみを着ているのがあり
前に伊織もゴキブリになっていたので
アイドルは一度は着ぐるみを着るんですね(笑)
春香が芸能界に入ったからやよいも生き生きしてるな。

春香の休暇中は雪歩が怪しい以外にも
響が言っていたあずささんと千早が姉妹だという事や
真がトゥリアビータで活動を本格的に開始したり
インベルが春香に会えなくて寂しいのを訴えていたりと
話は結構進んでいたように思えます。

今回も春香の姿を「●REC」していて絶好調な淫ベルですが
寂しい感情には同情するよ。
どういう意味かはわからないけど
春香の事を大事に思っているんですよね。

インベルに会える機会が少なくなったせいで
二人の関係に少し亀裂のようなものが生じているけど
春香が千早のようにインベルを
動かせなくなってしまわないのかが少し心配です。



予告の亜美もかなり黒かった。(笑)

もえたん 第2話「ライバルなんていらない」 レビュー

2007.07.17

category : もえたん

comment(0) trackback(0)

初っ端からあーくんは
いんくにぶっかけてます。自重しろ!(笑)


今回はアヒルに続いて猫が出てきました。
その声は勇者王でした…。
硬派でカッコよく見えたけれど、
すみが変身するときには
あーくん同様しっかりロリエナジーが
臨界点を突破してくれました(笑)
皆、ロリが大好きなんだな♪

新たな敵(?)が出て来たけれど
最初の監視役のような魔法少女は何者なんだ?
裏ではしっかり陰謀が混じった
ストーリーが展開されているみたいです。

もえたんコーナーの
変身シーンが修正入ったというのは
一体何処が修正されたんだ?
危険なほう?安全なほう?
勿論視聴者としては前者だと思うのさ~!





すみよりもメイドの瑠璃子さんのほうが黒いよ!

らき☆すた 第15話「いきなりは変われない」 レビュー

2007.07.17

category : らき☆すた

comment(0) trackback(2)

こなたが「涼宮ハルヒの激奏」を見た話や
かがみだけクラスがまた別だったりと
しみじみとしたシーンが多かったな。

「涼宮ハルヒの激奏」では
長門の中の人(茅原実里さん)に続き、
「God knows…」を歌っていた平野綾さんが出てました。

いや、「らき☆すた」は名前が皆ひらがなだから
正確には「平野あや」かな。
…ひらがなに激しく違和感を感じる。

ずっとかがみとクラスが一緒の
みさおとあやのは背景というか
「柊~!」ってかがみを呼んだ台詞しか覚えてないぞ(汗)
凄く影が薄い存在だよな~。

ヒロインが皆こなたの「D.C.~ダ・カーポ~」は
「サクラサクミライコイユメ」を起用していて
とても気合が入ってます。




どのルートに行こうともゴールは絶対こなたなんですね。
う~ん、ハ~レム!(笑)

「らっきー☆ちゃんねる」は
小神あきらライブイベントが発表されました!!
けど放送出来る枠があるのか?
中途半端で終わるんじゃないのか?

今回の実写ED微妙に外れました。悔しい!!
「恋のミクル伝説」ではなく「恋のミノル伝説」か~!
そ、その手があったか…白石稔、恐ろしい存在だ!!


ハヤテのごとく! 第16話「負けてもマケンドー」 レビュー

2007.07.16

category : ハヤテのごとく!

comment(0) trackback(1)

東宮の根性がないというのを
執事の野々原は見事に叱ってくれました(笑)
けどそこから素人のナギを
相手に変えるのは方向が間違っているだろ。
いや、考え方によっては会ってるかもしれないけど。

防具の件は天の声がご丁寧に
解説して下さったので多くは語りません(笑)
ハヤテと野々原の勝負は剣道じゃないな…
超必殺技で炎を出すって
そんなの出来たら全国も余裕で勝ち残れますなww
ハヤテは倒れていた東宮を利用して勝ったけど
もはや格闘ものだな…。

今回はやたらと早く本編が終わったなと思ったら
単発的によくわからないものが連発して戸惑いました。
出番が少ないクラウスさんや伊澄に
光を当てようという意味かな?
結局伊澄は外を眺めてるだけでしたが。





ピチピチの17歳って…(笑)

続きはこちら >>

Darker than BLACK -黒の契約者- 第15話「裏切りの記憶は、琥珀色の微笑み…(前編)」 レビュー

2007.07.16

category : Darker than BLACK

comment(0) trackback(2)

今度こそ本当にOPとEDが変更されました。
俺はOPは前の方がよかったかな。
皆さんはどうですか?

ずっとC.C.だと思っていた人が出てきました。
名前はアンバーだそうです。
何て腹黒そうな名前なんだ!(笑)
今回は不思議と別のゲーム、アニメが浮かんでしまうなぁ、もう。
けどヘイが本気で怒ってアンバーを探しているので
アンバーが腹黒いというのは本当そうです。

まだアンバーの能力は判らないけど、
共犯者である契約者のマキは
エイプリルを瀕死状態にして
ノーベンバー11をあっさり倒しちゃうんだから
かなり強いんじゃないの?
ヘイはノーベンバー11に苦戦していましたし。

アンバーがインのいる店に行く時に
さりげなく久良沢とキコが…!
ラーメン屋の女の子も含めてレギュラー化しているな。
次回はヘイとアンバーの勝負?



ひぐらしのなく頃に解 第2話「厄醒し編 其の壱 鬼ごっこ」 レビュー

2007.07.16

category : ひぐらしのなく頃に

tags : ひぐらしのなく頃に アニメ

comment(0) trackback(1)

圭一が前の雛見沢の事を覚えていたと
梨花が言っていたので
これも罪滅し編の続きですか。

詩音が沙都子を守る為に
雛見沢に転校したっていう設定は違和感があるなw
沙都子の嫌いな食べ物を克服させようと必死だし
これじゃあ優しいお姉ちゃんじゃないか!(笑)
嫌いな者を食べてる時の沙都子や
かぁいいモードのレナが平面的で
描き方変わったんだなと改めて思いました。


部活のゾンビ鬼は変態扱いされていた圭一が可愛そう。
即行でkoolになってるし。
けどゾンビになった圭一が
レナを捕まえようとした手の動きは
マジで変態だと思います(笑)

沙都子が前の雛見沢で圭一が言っていた事を
理由もなしに言っていたのは
皆知らないうちに前の事を覚えているって事かな。
それだから詩音も今回は沙都子を守る為に
雛見沢分校に来たのか?
前は滅多刺しにして殺しちゃったからな~。(汗)
入江先生は毎回メイドが出ると
どこからかいきなり出て来るから
何も覚えていなさそうだ(笑)

富竹さんと鷹野さんに会って
連続怪死事件の話を聞いたので
楽しい日々が終わってしまうな。
次からもう惨劇が始まるのか?



次回予告…「し」に納得した(笑)

School Days 第2話「二人の距離」 レビュー

2007.07.15

category : School Days

comment(0) trackback(2)

オープニングは爽やかで
やたらと丁寧に描かれているいたような気がする
言葉と世界の上半身裸な姿に吹きました(笑)

本編は誠のダメダメな本性が出ています(汗)
言葉の事をわかろうってのは見えるけど
実際には世界の言っているままにやってるだけで
二回とも最終的には下心満開に
なっていくって感じだからな~。
自分の意思というものがあまり感じられないな。

けど言葉の後ろから見ていても
はみ出している大きな胸を見ていたら
誰でも色んな下心が出てきますかね?

今回で言葉も世界が誠の事を好きだと
気がついたみたいです。
言葉は勇気を出して誠にキスをして
何ともいい感じに進んでいるように見えるけど
映画の中で言葉と同じ立場にいる人が
見放されたりするのを見ると
世界が誠を横取りしそうという思いが強くなります。

今回のEDは橋本みゆきさんの「愛のカケラ」でした。
今は明るいけどこういう雰囲気は
いつまで続くのかな(マテ)



アイドルマスター XENOGLOSSIA 第15話「格納庫天国」 レビュー

2007.07.15

category : アイドルマスター XENOGLOSSIA

comment(0) trackback(1)

ジョセフさんの入院中に起きたインベルの暴走、
誰かがキーを入れ替えたという考えが妥当だな。
淫ベルをぶっこわすという響の存在が腹立つので
もう犯人はこの人でいいよ…

暴走は律子さんの考えた作戦で
止まると思ったんだけどねぇ。
メイド、レースクイーン、春香は天使の姿で
なんと蛍さんはナースだぜ!(笑)

こんな素晴らしい環境でも
淫ベルが暴れるのを止められなかったのは
ゴキブリいおりんが原因に違いないw
「機嫌を損ねるな!」
とインベルが激怒したんでしょう(笑)

ジョセフさんは今回の件で見直しました。
誰もが思いつかない作戦を考えて大活躍です。
やっぱりモンデンキントをまとめているだけあるな。
名瀬の負担は全然減りませんがww

インベルが保存していたフォルダの中の画像、
あれによく春香は恐怖心を持たなかったな。
知らない間に色々撮られているんだぞ?

その中にモンデンキントにいたときの
千早を見たときの春香は嫉妬していたけど
冒頭の千早の夢のように
「インベルは私のもの!」って千早を襲うのか?



やよいのペンギンはリンクしてますな。

桃華月憚 第15話「暦」 レビュー

2007.07.14

category : 桃華月憚

comment(0) trackback(0)

今回の由美子の能力は時を進めない力ですか。
万能すぎてうらやましいですよ。
その気になればずっと同じ日を繰り返せるんでしょうね。

それに気づいていたのが真琴と
爆乳プリムラな塔子だけだったのは何でだ?
他の人達は時が巻き戻されていた感じだったけど。
ママンは時を一日繰り返したっていうのに
それをデジャビュと済ませるのは
あまりにも雑な気がします。

塔子のカバンの中に入っていたラブレターも
真琴はデジャビュと解釈しているけど
最初の10日での送り主は絶対塔子ですよね。
その考えはまぁありえるとしても
犯行予告にしか見えない手紙を
ラブレターと理解するのはありえないだろ(笑)

注意:ラブレターですww

塔子は何でこんな形式にしたんだよ(笑)
内容も童謡(?)の歌詞じゃないか?



ななついろ★ドロップス 第2話「あじさい色の記憶」 レビュー

2007.07.13

category : ななついろ★ドロップス

comment(0) trackback(2)

すももが着ているいかにも
魔法少女って感じのコスチュームは
すももママから送られてきたもので
変身しているんじゃないんですね。
「カードキャプターさくら」に近いんだな。
ユキちゃんという御方もいますしww
こにゃにゃち(ry

2話で正体がばれて
記憶を消さなければいけないと行くのは
1クール故の仕方のない事ですか…
結局記憶は消さないで、
ナコちゃんとの友情話で解決したけど
まだ始まったばかりで
スコップ突きつけてる印象しかないからよくわからないな。

すももを信頼している証拠といったら
あの魔法少女のコスチュームを着ていたり
星のしずくを集めていた
すももに対して疑問や不信を持たない所かな?
普通なら絶対に違和感を感じますよ。

すももの寝姿を見れたのはいいことですけど(笑)
ユキちゃんの正体を知られたら戻れないんだから
如月先生は石蕗が変身する条件をすぐ言うべきですよ。
一番の難関は如月先生な気がするなw



らき☆すた 第14話「ひとつ屋根の下」 レビュー

2007.07.11

category : らき☆すた

comment(0) trackback(1)

ゆい姉さんの妹、小早川ゆたかが出てきましたよ。
最初二人は名字が違うから
血が繋がっていないと思っていました。
ゆいは結婚していたのすっかり忘れてた(笑)

ゆたかの少し抜けている性格は、つかさと被ってるな。
こなた曰くゆたかは病弱、妹属性等があって
みゆきさんと同等の「歩く萌え要素」なので
つかさは少しピンチかも。
俺は現段階では携帯を
洗濯した仲間としてつかさ派ですww

「らっきー☆ちゃんねる」のあきら様は
今回は全くやる気がなくて腹立って来たな…。
「おはらっきー!」もどうでもいい感じでやってるし。
自分の本編出演を視聴者に頼むなよ…
本当にスーパーアイドルかさらに疑わしくなってきたぞ。



EDは今回も白石稔さんの実写EDです。
後半はこのスタイルで行くみたいですね。
今回の歌はハルヒのEDの「ハレ晴レユカイ」。
koerarenaikabeに負けています(笑)
二連続でハルヒが来たから次は
「恋のミクル伝説」でも来るのかね?



もえたん 第1話「マジカルティーチャー」 レビュー

2007.07.10

category : もえたん

comment(0) trackback(2)

原作が英単語集っていうのは常軌を逸してます。
中身も英会話的なものもありました。
英文は…

「魔法少女ものって変身しても顔一緒じゃね?」
「あれの12話手に入れたんだけどコピーする?」
「アニメの第1話は作画も気合はいってていいよね!」

という試験には何の役にも立たないけど
素晴らしい文を英訳していて
実によいお勉強になります(笑)

しかもロリ&エロ&魔法少女な
パステルインクが教官とくればもう笑うしかないな。
コスチュームはボディラインを強調しているし!
「まなびストレート!」で
耐性はついたから細かい事は気にしないぜ!(笑)

脚本:長谷見沙貴ってもしかして
「ToLOVEる―とらぶる―」の人ですか?
それならこのエロさには納得が行くな。
コミック版の如く自主規制を是非~!ww



コミックと脚本は別?

ハヤテのごとく! 第15話「サムライ、ブシドー、動くヴァンダム」 レビュー

2007.07.09

category : ハヤテのごとく!

comment(0) trackback(1)

マリアさんの推薦のポイントで合格出来た理由は
彼女が大物だったからですか!
確かマリアさんは17歳って言っていたから
ハヤテと同様に学校は行かなくていいのか?
と疑問を持っていましたが
既に高等部を卒業していたんですね…
黒さと思われるものもその天才的頭脳から
生み出されているんだな。う~む恐ろしい(笑)

ハヤテが学園に通い始めたという事で
ヒナギクの出番が多いです。
執事通信もしばらく出てくるみたいですし
やっぱりナギとヒナギクのヒロイン争いとなるのかな。
ハヤテはマリアさんフラグを
たてようとしているけど、状況的に無理だよな。

来週の剣道勝負は執事同士の対決って
ちょっと情けなくないか?
それだから桂さん止まりなんじゃないか?
無敵なハヤテが勝つだろうけど
少しおかしい気がするなぁ。
それを気にしたらおしまい?(笑)



最後の言葉、「テッカマンブレード」みたいです。

続きはこちら >>

ひぐらしのなく頃に解 第1話「サイカイ」 レビュー

2007.07.08

category : ひぐらしのなく頃に

comment(1) trackback(3)

一期の最後でレナが
正気に戻った後の話みたいです。
20年後の赤坂と大石さんの解説、
参考人でレナまで出て来たのは嬉しいですね。

雛見沢大災害の後に沼が埋め立てられる
という新たな話も出ていたけど
話の殆どは罪滅し編でレナが見つけた情報の
復習という感じでした。
警察に入って時間が経っているだけあって
赤坂の説明はわかりやすかったです。

赤坂が言っていた
硫化水素に関する矛盾もオリジナルですか?
確かに周りが覆っていたら金属はサビちゃいますよね。
これには感心しましたよ。

次もアニメオリジナルで厄醒し編をやるようです。
次回予告をWEBのみで行うのは
ちょっと反感がありましたが
確かにあの次回予告はTVでは無理だな(笑)
雰囲気が全然違うし、黒梨花の回答が面白すぎる!



黒梨花と羽入はkanonに近いかも。

School Days 第1話「告白」 レビュー

2007.07.07

category : School Days

comment(0) trackback(1)

原作はBADENDが多いという事は知ってます。
SHUFFLE!の楓の空鍋回で
これを挙げられていた時期が懐かしいな…

なのでタイトルロゴが出て
ガラスが割れたような所や
携帯のメール風なとても静かな
次回予告はちょっとびびりました。

それを知った状態で見ると
世界が二人を応援したおかげで
言葉と誠は付き合ったけど
実は世界も誠の事が好きだったという
修羅場な三角関係が出来てますね。

現段階では始まったばかりなので
そんなの全く感じませんが
未練を残した世界が何かするのかね?
世界にも付き合えるチャンスは
十分あっただけに未練が大きそうだ(笑)

公式サイトのCDリリースによると
EDはテーマ集と書かれていたので
毎回EDは変わるみたいです。
その舞台に相応しいEDが来るという事か。



Darker than BLACK -黒の契約者- 第14話「銀色の夜、こころは水面に揺れることなく…(後編)」 レビュー

2007.07.06

category : Darker than BLACK

comment(0) trackback(3)

タバコ食ってるようにしか見えないぞ~って
言っていた対価は本当に口の中に入れていたみたいです。
異物を口に入れて吐き出すか…
最初の指を折る並に辛い対価だな。

キコが折角立ててくれた温泉フラグは
全然生かされなくて残念でした(笑)
フラグを立てるのでは重要だけど、
それをちゃんと実行できないのは痛い!(泣)

その代わりかどうかはわかりませんが
久良沢はインの事を心配していて
「人形のように扱っていい人間なんかいない」
のように良い事を言う所はかっこよかったです。

ヘイがインの抹殺命令が出ていたのに
仲間だと言って殺さないで
インも仲間の所に戻ってくるシーンは
EDも入れて少し泣けてきました。
インはドールでドールは感情を持たないと言うけれど
今回では涙を流していて
前にもヘイの手をとっていたりしていたから
感情がないという表現は間違っているんじゃないかな。

次回は探偵に続いてノーベンバー11達が再登場。
そしてC.C.っぽい人も出てくるみたいですね。



ななついろ★ドロップス 第1話「運命はなにいろ?」 レビュー

2007.07.05

category : ななついろ★ドロップス

comment(0) trackback(3)

あ、魔法少女という素晴らしきワードを忘れていた…
(前の記事にて魔女っ娘と書いた俺)
何というか…ハイテンションになって
日本語がもっとおかしくなっちゃったんですよ。
「魔法少女っ娘」の略って事で勘弁してくれ~!

いとうのいぢさんの
キャラのアニメ化はこれで三つ目ですか。
知ってはいたけど、アニメを直に見るまでは
ちょっと信じられませんでした。
確かにこれはのいぢ絵ですな。



思っていたよりSDが多かったので、
今後の作画がちょっと心配です。
今から気にしてもどうしようもない事ですけど
過去に凄い事がありましたからね…
さすがにないよな。そこまでは。


用語解説がEDに入っているのは
繰り返しこの用語はどういう意味かを見るという点ではいいかも。
俺は説明は早送りでよかったと思います。
如月先生の説明一回だけではちょっとキツイです。
ユキちゃんのように頭がヒートしてしまいますよ。
次回はすももの変身ですか?



…すももちゃんマッハ可愛い~~!!

桃華月憚 第14話「旅」 レビュー

2007.07.05

category : 桃華月憚

comment(0) trackback(0)

一度きりの「ヤミと帽子と本の旅人」とのコラボレーション!
原作とスタッフが同じだからこそ出来た回です。

BGMも「ヤミ帽」のほうを使っていたし
視点も葉月達が中心で、
「桃華月憚」の本の世界に
葉月達が入ったという形になっていたので
「桃華月憚」という名前の
「ヤミと帽子と本の旅人」という感じです。

寧々と香陽の過去の話で
香陽が明日菜を連れて雪牙姫の所へ行った理由が
寧々が薬の調合を雪牙姫から
教わっていたからだとわかったし、
イサミヒコがいた時代を直接見ていた時に
桃花がイサミヒコ様と言い、由美子が兄者と書いていて
桃花がセイで由美子がジュナだというのが判ったりと
結構重要な話が出ていました。

という事は寧々達はその昔から
今まで生きているって事だけど
原因はさらら姉を名乗っているイブか?
確かイブの光を浴びたら
不老不死になるっていうのがあった気がするけど。


ケンちゃんの扱いは酷くて安心しました(笑)
女を求めてばかりでやられるのは自業自得です。
最後は桃香だから嬢ちゃんじゃないけどな。





葉月はやっぱりノーパンでした(笑)

続きはこちら >>

アイドルマスター XENOGLOSSIA 第14話「なんか うごき づらい」 レビュー

2007.07.05

category : アイドルマスター XENOGLOSSIA

comment(0) trackback(4)

このタイトルは
無人マスターシステムの「マスターユニゾン」
に動かされているネーブラの言葉かな?

マスターユニゾンの詳しい説明を
全く聞かされていないジョセフさんは
蚊帳の外で本当に驚き担当だよな…
どういう者か知っているのも、
指揮を執っているのもあずささんだからな~。

マスターユニゾンが機械である以上、人間のように
「機体が損傷しているから無理に動かすのは控えよう。」
みたいなiDOLに対する心配りがなさそうです。
伊織が躊躇なく宇宙服を着て
ネーブラを助ける所は本当にネーブラの事を
大事に思っているという証拠です。
やっぱり大切に思っている人の手によって
動かしてもらったほうが
ネーブラもいいって事なんですね。

最後に小さい頃の伊織が出て来て
ネーブラも初めて出合った事を忘れていない
いいシーン…なんだけど、
淫ベルのRECの影響でいやらしい事しか浮かばない
俺はどうしようもないな…(泣)


やよいがペンギンで出て来た時に
顔が隠れていて本当にペンギンが
出て来た感じだったのには吹きました。
着ぐるみはもう全部出てしまったのか?(笑)
いつも登場する時は新しい着ぐるみを期待しているのですが。



次回予告、やよやよが初めてまともに説明していたな。

真説ボーボボが終わってしまったー!

2007.07.03

category : 雑記

comment(0) trackback(0)

ブラックボーボボ戦から
終わってしまうなと予想していたけど
連載終了となるとやはり残念です。

首領パッチの「じゃあな」のセリフを
見たときは本当に悲しかったですよ。

ツルリーナ3世とナメ朗の勝負はもっとやって欲しかった!
ジョブスはどんな戦い方をするんだ!!
とか気になる事が沢山あるけど…
もうボーボボは描かないんだろうな…

連載は終わってしまいましたが
コミックは当然最後まで買いますよ。
澤井先生、六年間お疲れ様でした!!



らき☆すた 第13話「おいしい日」 レビュー

2007.07.03

category : らき☆すた

comment(0) trackback(2)

AパートとBパートを挟んで全く別のアニメでした。
前半はいつも通りの進め方でしたが、
Bパートでは最近よく出るアニメ店長、
EDは白石稔さんが作詞、作曲の「俺の忘れ物」の実写ED、
しかも次回予告はまんまケロロ軍曹と
崩壊していました(笑)
提供が実写だったのはEDの前置きだったんですね。
この実写EDはコメント等が出ている辺り
「ニコニコ動画」を意識して造られたか?



白石みのるもバレンタインチョコを
渡してホモフラグをたてていたり、
フィギュア化の経過で1位とったりと大ブレイクですね。
みのるお兄さんにびっくりだ(笑)

バレンタインチョコは
つかさのように渡してくれたほうがやっぱりいいかな~。
本命と期待させてくれるしな。
(逆に言えば義理のときが恐ろしい…)


妄想ながら、かがみの照れながら渡すのも
いいツンデレだよな~。是非やってくださいよ~。

…どっちも素晴らしいよ、もう。

アニメ店長はギアスを使ってまでも
こなたにDVDを買わせようとする熱血さが笑えました。
結局買わない二連続のこなたはちゃんと計画たてろよ。
ギアスは一人一回しか使えないんだぞ(笑)



あきら様のドリルはリクエスト?


続きはこちら >>

気になる新番組をまとめてみました。

2007.07.01

category : 雑記

comment(0) trackback(0)

最近時がたつのが早いな~。
もう新番組の時期ですか。
気になるのをまとめてみました。

ななついろ★ドロップス
ま、魔女っ娘だ~(只、そう叫びたかっただけです。)
可愛いので見るぞ!!(笑)

ひぐらしのなく頃に解
中途半端な状態で前作が終わったので絶対に見ます。
オリジナルの話も気になりますしね。

School Days
俺のパソコンはスペックが低いから
原作が出来なかったんだ~!
サマーデイズも出来なかったんだ~!(泣)
だから見る!!

もえたん
内容が凄く気になります。
萌えがあり勉強にもなる一石二鳥アニメか?(笑)

特に興味があるのはこの四つです。
そろそろ「ななついろ★ドロップス」の準備をするか…



ハヤテのごとく! 第14話「ちょっとちょっと!パーティー行かなあかんねん。早よして、ホント」レビュー

2007.07.01

category : ハヤテのごとく!

comment(0) trackback(2)

雪路センセ、ダメダメだな~(泣)
言い出せない気持ちはわかるけど
原因はどうであれ不合格の事実は変わらないんだから
ちゃんと言わなきゃダメだよ。
合格の嘘はさすがにいけないですよ。
ヒナギクがいなかったら
絶対不合格の通知に行きすらしなかっただろうな。

…けど俺がこの立場なら
クラウスさんみたいな人もいるから失神寸前だろうな。
絶対友達に助けを求めるよ(笑)

生徒会の3バカ娘が通知を持ってきたから
ハヤテは不合格を知ることが出来た訳で
結局雪路は来ただけで何もしていないよなww
まだ「ハヤタ」って言ってるけど
通知に「ハヤテ」って書いてて屋敷に来たんだから
こいつらわかってて「ハヤタ」って言ってるだろ(笑)

まぁ最終的にはハヤテは推薦のポイントを加算して
合格は出来たからとりあえずよかったかな?
マリアさん、最初から加算の事、
そして学生証の事を言ってくださいよ!!



新EDは水着だらけでいいな…(特にヒナギクがいい!)

続きはこちら >>

Darker than BLACK -黒の契約者- 第13話「銀色の夜、こころは水面に揺れることなく…(前編)」 レビュー

2007.07.01

category : Darker than BLACK

comment(0) trackback(2)

何でこんなに出番が少ないんだろうと
絶対に一度は思うであろうインが
冒頭の過去話から見せてくれた豊かな表情、
キコに無理矢理つくられた笑顔が気に入ったのか
自分でやってみたりと大活躍です。
やっと…やっと光が来たか!

銀ちゃんスマ~イル♪

キコはしっかり空気を読んでくれて
本当にありがとうございます(笑)
結構キコの活躍は大きいですよ。
デスノートに名前を書いたり
温泉にも招待してサービスを期待させたりと
俺らの望むことを何でもやってないか?
只のコスプレ女だと思ったら大間違いだな。

久良沢は仕事はちゃんとしているけど
やっぱりアテは外れてますか。
けど場の雰囲気が明るくなったのはいい事ですよ。
特にマオが愉快で笑えます。

依頼人のエーリスが久良沢の名前を
何度も確認している辺りは
本当に「久良沢凱」って人はいそうな気がします。
確か久良沢の本名はマツキチだったよな…

敵の契約者の力はまだよくわかりませんが
一つ解った事があります。
タバコを対価としている人は
皆、苦労しているみたいですね。
タバコを食ってるようにしか見えないぞ、あのオバサン(笑)



あれ?OPまだ変わってないのか。
プロフィール

GIN

Author:GIN

カウンター
月別アーカイブ
07  05  04  01  07  02  06  04  03  02  03  10  09  08  07  06  04  02  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

Copyright ©今頃かよ!. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。