今頃かよ!

アニメ、ゲームの感想や雑記が中心のブログです。

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風のスティグマ 第3話「神凪宗家」 レビュー

2007.04.30

category : 風のスティグマ

comment(0) trackback(0)

真犯人の人相が別人のように
豹変していたのに和麻はよく気づけたな?
ホテルを輪切りにした時は
顔はあまり見えなかったから人だと思ったけど、
皮膚が爬虫類みたいになっているし
何か筋みたいの浮き出てるし怪しすぎます。
風牙衆の宗主っぽい人はよく
自分の息子にDCSを与えたもんだ(違)

神凪宗家も犯人が風牙衆だという事や
儀式を行う場所を知っていて
完璧な推測を立てていたのなら
部下にも知らせておけばよかったのに。
綾乃のように誤解してしまう人が出ちゃうだろ。

和麻の回想に出てきた煉っぽい人は誰だ?
その人は和麻の反応からして
酷い目に合ってそうなのは予想がつくけれど。



スポンサーサイト

Darker than BLACK -黒の契約者- 第4話「新星は東雲の空に煌く…(後編)」 レビュー

2007.04.29

category : Darker than BLACK

comment(0) trackback(3)

今までも一般人が殺されるというのはあったけど
友達が燃えちゃったり、
警官が切断されちゃったりというのが
今まで以上に過激な描写でした。

契約者は人の心を失っているというのも
舞が契約者として萌芽し
人間を躊躇せず殺してしまったので
良心が失われているのがよくわかりました。

契約者に戻る前に舞はモラトリアムというのに
変態していたみたいだけど、
捕らえられている間の舞の幼児化は何だったんだ?
モラトリアムも心関係で何かを失うのか?

最初ヘイの契約の代償は食べ物だと思っていたけど
契約者を倒す時に使う力が
(敵が揺れながらギャァアア!!って叫んでるやつ)
ヘイの契約者としての能力っぽいから
大食いは関係なさそうです。

契約者は能力を使ってから代償の行為を行っていたけど、
千晶のドールが出てきた話で
ファミレスでご飯を食べる前に
ヘイは契約者の能力を使わなかったしなぁ。
あれはただの大食いって事か。

舞はこれから契約者として生きていくというように
何かを背負わなきゃいけないという
事件の解決は珍しいと思います。
恐らく次もそういう解決でしょう。
この暗い世界観は癖になりそうです。



OPはT.Mがフロントを務めているの昨日気づきました(汗)

桃華月憚 第4話「冠」 レビュー

2007.04.28

category : 桃華月憚

comment(0) trackback(0)

逆なので今回は桃香が
剣を抜いて誰かを倒したという回想の回です。
その前後でもマッサージの時のママンの喘ぎ声
それによる真琴のレズ妄想、裸で笛吹き
捕らわれてる桃花は服が破れてるし
冠を被った後はレイプ目とエロが満載。
シリアスだというのにこれじゃあ集中出来ないな(笑)

近親相姦の時のいやらしい顔が
頭にはっきり残っているので
桃香がすっごくかっこよく見えます。
初めて桃香が男っぽく見えました。
桃香ちゃんww

ここまで妖怪と桃花を巡る戦いをしていて
後は歌会で魂を鎮めるという話の進み方でしょうか?
話が最後から4話進んではいるけど、
寧々、桔梗の存在や
今まで女装している桃香だと思っていた
桃香にそっくりな幼女は何者なのかと
まだまだ謎が多いです。
次は桃花が服をビリビリと破かれる経緯を
やるんだよな?今から楽しみだww
つーかよく章子は森の中で自動車事故があったのに
よく新車を買って平然と次の回に出られるな?
携帯電話とか通じるのか?
…運がよかったという事にしておくか。
飛ばし過ぎは厳禁です。



アイドルマスター XENOGLOSSIA 第4話「餃子とアメリカンドッグ」 レビュー

2007.04.27

category : アイドルマスター XENOGLOSSIA

comment(0) trackback(3)

あれ?学校はカモフラージュだと思っていたけど
普通に学校に登校している感じだな。
あれは全員学生と偽っている
組織の人間と考えていいんだよね?

組織内の人間関係は結構よさそうです。
エースパイロットの真は孤高で
周りの事を考えていない感じなので
あまり気にいりません。
春香は勝って欲しかったっていうのが本音です。

やよいはもう着ぐるみを着ないのかと思ってたけど
ちゃんとニワトリになってました。
「オデコサンシャイン」のネームセンス良すぎだ(笑)
ストナサンシャインー!って感じでさ。
つーか今回の雪歩の居眠りは我関せずじゃないのか?
いかんよその腹黒さは。
ニワトリなやよい
寝返りってこの事かw



らき☆すた 第3話「いろいろな人たち」 レビュー

2007.04.24

category : らき☆すた

comment(0) trackback(2)

本日も色んな知識が得られました。
「日本ポニーテール協会」って有名人に
日本ポニーテール大賞ってのも与えてんだね。
あまり知らなさそうな事を覚えていると
優越感に浸ってしまうなぁ。
(もしかしたら俺が無知という事かもしれない)

今回はパロディが堂々すぎてビックリしました。
ロリ系の教師と大人っぽい生徒は
「ぱにぽにだっしゅ!」の玲とベッキーだし
らき☆すたダッシュ!


酔っている親父は「あたしンち」の父です。


俺は気づかなかった(というか知らなかった)けど
クロマティ高校もあったみたいです。
これ?


「らっきー☆ちゃんねる」は
あきら様の毒舌が物足りなかったです。
随分と短かったのも残念でした。

そしてエンディングのカラオケは
今まで二回とも全く判らなかったけど
今回は京アニ繋がりという事で
ふもっふの「それが、愛でしょう」でした。
スパロボWがやっと二周目に入ったおかげで
イントロですぐにわかったよ。
この時の歌は「泉こなた」じゃなくて
「平野綾」だったかも。まぁそれは仕様か。


ハヤテのごとく! 第4話「はぢめてのおつかい~こちらスネーク。誰も応答しない」 レビュー

2007.04.23

category : ハヤテのごとく!

comment(0) trackback(11)

ナギの出番が減った代わりに桂姉妹が熱いです。
雪路の悪即斬や偽酔拳は無駄に威力があり
ヒナギクはスパッツとはいえスカートめくり。
これもまた別の意味で破壊力があるよな。
この時にこそ「見せられないよ」でやってほしかった(マテ)
照れている所が凄くかぁいかったし
ヒナギクが人気な理由がよくわかったわ。

他によくわかった事といえば
両親が子供に対して薄情なやつが多いって事だな。
ハヤテの両親も子供を売って金借りたけど
あの雀の親子もその類だ。
最終的に形成が逆転しているし情けないなぁ…
次もまた新たな女性陣が出てくるのですかい?
朝アニメにしておくのは勿体無いなぁ。

しりとりは
ハヤテのごとく→クリスマス→好き→嫌い
→糸こんにゃく→曲者→のり→リンパ


コナンは最早お約束。



Darker than BLACK -黒の契約者- 第3話「新星は東雲の空に煌く…(前編)」 レビュー

2007.04.22

category : Darker than BLACK

comment(0) trackback(2)

今回は工場の相談役、田原耕造がターゲット。
ずっと家に戻っていないらしいけど
娘の舞の事はちゃんと心配しているみたい。
あまり出ないのには事情がありそうだけど
地獄門(ヘルズ・ゲート)に入ったせいで
契約者になってしまったのかな?

今回ヘイは遊園地のアトラクションを動かした時に
契約者の能力を使ったんじゃないか?
その後にラーメンを沢山食べていたから
代償はやっぱり食べ物関係だと思います。

舞は放火はしていない、気が付いたら燃えていた
と言っているけど追われている時に
火災で状況を脱出しているから
火をつけているのが意識のない舞だというのは確実です。
花が枯れた時に目が変わったけどあれもドールか?
もう「目が変わる=ドール」になってしまったな…



ヒロイック・エイジ 第3話「英雄の種族」 レビュー

2007.04.21

category : ヒロイック・エイジ

comment(0) trackback(2)

ずっとエイジに恐怖心や変だという
感覚を持っていた人類も
ペイントによる絵画を見たりして
次第にわかりあえてきたのはよかったと思います。
イオラオスもエイジに対する考えを変えろよ。
何が猿をてなづけているだよ!
英雄の種族を宿してはいるけど
エイジもれっきとした人類だぞ?
メイルとテイルのようにペイントで和解しろよ!

エイジの中のベルクロスの力を試す為に
銀の種族のパエトーが戦線に出てきました。
これで少しはバランス改善に繋がるかと思ったけど
結局強すぎるのは変わらずです。
次の話では別のノドスが出てくるみたいだけど
勝負にはなるんでしょうか?



服、尻強調されてる…

風のスティグマ 第2話「過去との対決」 レビュー

2007.04.21

category : 風のスティグマ

comment(0) trackback(0)

和麻の親父が和麻を
無能者扱いして追放したのは
別の道を見つけて欲しいという追放だけれど、
ああいう追放のしかたは酷いと思う。
この親心には多分他人から聞かない限り
和麻は気付かないだろうな。

最強の炎術師である和麻の親父と
風術の修行をした和麻との勝負は
言葉や立ち止まっている時が多く、
術がぶつかり合ってるだけという感じで
ちょっとものたりないです。
エフェクトはいいと思うので勿体無いな。

やっぱり煉は女に見えてしまうな。
いや、この場合ブラコンっていうべきか?
何だよあのハートマークは!
和麻は泣き付いた煉を苦手にしていたからか
ここでは明るい感じでした。

綾乃の「犯人=和麻」の勘違いは
さすがに気付けよと声をかけたくなりました。
あの叫び声が実に痛々しかったです。
次回は生贄だの何だのって新たなネタが出ていますな。
…これってネタバレじゃん!



アイドルマスター XENOGLOSSIA 第3話「アイドルとマスター」 レビュー

2007.04.21

category : アイドルマスター XENOGLOSSIA

comment(0) trackback(3)

基地の表向きが学校で
制服を着て行っているけど
あれは完全にごまかす為みたいです。
ドロップに関する勉強は学校生活に近かったけど
そこで雪歩はよく寝なかったな(笑)
普段はぐっすり寝れて
肝心な時にはしっかり起きてるのは偉いよ。

インベルが動かなくなったのは
欲情しているという考えから
春香を独り占めしようと
していると思っていました
けど本当は春香の過去のように
怖がっていただけだったんだね。
変態って訳じゃないんだね。

春香の過去と照らし合わせての
解決はいいと思ったけど
幼稚園位の時にやよいと春香が初めて会っていて
転校先(?)の学校でもやよいに会っている
っていうのはよくわからなかったです。

助言を与えてくれたやよいは
ペンギンではなかったか。
ずっとあのままでもよかったのに(笑)



桃華月憚 第3話「剣」 レビュー

2007.04.20

category : 桃華月憚

comment(1) trackback(1)

明日が歌会と言っていたし
真琴が風呂入っている所で終わってる所から
時間を逆に進めているというのが確信に変わりました。

最初の話は全ての一部分を見せて
話の輪郭をつかむと思っていたけど
桃香があっちの世界で飛びついてキスする
と言っていたからあれは
最終回と考えるのが正しそうです。

真相が一番最初にわかっていて
後からそれを考えていての行動を見るというのは
桃花や桃香と同じ視点で見れるので
面白い構成だなと思います。

逆に進んでいるので
シリアスな部分が減っていき
ギャグ、そしてエロが増加です。

近親相姦とは…楽しいな(マテ)



ご丁寧におかしいと思う位濡れてるし…


これ放送してんだよ?
いや、マジだよ?
感じてるし。桃香は本当に男だよな?
18禁アニメではないのに
これだけのエロを出すとはさすがです。

今回絵が「ひぐらしのなく頃に」で
監督をしていた今千秋さんだったので
キャラが変わったり覚醒したりする所が
やっぱりひぐらしでした。
章子は見た目と髪型で魅音と被るな。





これは全年齢対象だ~~~~~!(笑)

らき☆すた 第2話「努力と結果」 レビュー

2007.04.17

category : らき☆すた

comment(0) trackback(2)

初めて見たときは見づらかったけど
傾向がつかめてきたので
前よりは見やすかったです。

ゴールデンウイーク終了前日までの生活の二分割は
同じ所にいても別の視点で描かれていて
よく出来ていると思いました。
こなたの場合は前日まで生活が
一切変わっていないので、それも面白かったです。

ゲーセンやバイトの話で
ケロロ軍曹、涼宮ハルヒの憂鬱、SHUFFLE!
が出ていたのは角川関連って事だろうけど
思ってたより知っているのが多かったです。
こういうネタは恐らく問題はないでしょう。

エンディングも繋がっていたんですね。
今回もこなたのカラオケでした。
…全く元がわからんけど。
こなたは曲を三曲入れていたから
再来週からは別の人がカラオケを歌うのか?



頑張れ白石さん!!

Darker than BLACK -黒の契約者- 第2話「契約の星は流れた…(後編)」 レビュー

2007.04.16

category : Darker than BLACK

comment(0) trackback(3)

今まで契約者に追われていた千晶が
実はヘイをおびき寄せる為の
ドールだったっていうのはびっくりしました。
目がいきなり変になっていたのも
日々契約者に追われている
疲労からだと考えていました。

ヘイと一緒にいた千晶が
ドールだったという事は
契約者達が千晶を昏睡させようとしたのも
全て作戦だったっていう事になるけど
そこはあまり理解出来ないです。

今回契約者同士のバトルが勃発したけど
あっさり終わってしまった感じだし
最後がよくわからなかったので少し残念です。

ヘイはワイヤーみたいな物を使い戦っていただけなので
彼の契約者としての能力は
はっきりとはわからないけど
千晶に対する囁きは記憶の操作って事か?
そして代償は「沢山食べ物を食べなくてはいけない」かな?
さすがにあの食べる量は尋常ではないし。

次回も前編と後編があるみたいです。
全ての話は二つで一つの話なのか?
途切れてしまうのは忘れてしまうから
ちょっと辛いんだよな…



ハヤテのごとく! 第3話「世界の中心でアイを叫んだり叫ばなかったりする獣とロボと執事」レビュー

2007.04.15

category : ハヤテのごとく!

comment(0) trackback(1)

OPのパロディのセーラームーンには笑えた
そういえばナギの髪型似てるなぁ(笑)
あのマスクはタキシード仮面かww
月に変わっておしおきよ!

そしてやっぱりコナンが出ました

大丈夫なんだねこれは。
結構パロディはわかりました。
フリーザのように変身できたら最強の執事だな(笑)
ピ一の音はやむを得ない事だけれど
どうにかできないもんかねぇ?

今回はパートにより二つに分けられていた感じです。
タマの存在はびっくりしました。
声優は小杉さんだし。つーか喋ってるし。
初めて喋った時の体格微妙におかしいよ(笑)

ナギを呼び捨てにしていた所から思っていたけど
シクラメンの花が荒らされていた時や
コールタールに入っても大丈夫ですよ。
と言っている所から見てやっぱりマリアさんは黒い存在みたい。

ずっと時間がずれている事が気になっていたけど
今までのはずっと回想だったのか。
来週からの新展開では新キャラが随分と出ているみたいで。
ナギは結構危ういのかもしれないです。
次はスネークなんだ…

しりとりは
ハヤテのごとく→クリスマス→好き→嫌い
→糸こんにゃく→曲者



…ギリギリセーフ。

風のスティグマ 第1話「風の帰還」 レビュー

2007.04.15

category : 風のスティグマ

comment(0) trackback(0)

原作→脳裏に少しタイトルが浮かぶ…かな?
(やはり見てない)

バトルファンタジーらしいけど
見た目や言動がDQNな方が多いです。
仇だと言い、平然と殺す宣言していたり
口を聞ける状態にしろと言ったら
両手両足を動かないようにするとか言ってるし
こりゃあ面白いわ。
風術で殺害が行われる所も
引っ掛からない程度にやってほしかったです。
綾乃ばかりに注目していたから
いい意味で裏切られました。

和麻は勘当されたみたいだけど
いかにも傍観者な感じで威厳があるし
風術もかなり強いです。
個人的な復讐をしつつ
真犯人を探すという展開になっていくのかな?
ところで綾乃の弟が
女の子に見えたのは俺だけですか?



ヒロイック・エイジ 第2話「忘れられた子供」 レビュー

2007.04.15

category : ヒロイック・エイジ

comment(0) trackback(0)

オープニングは歌も含めてファフナーっぽいです。
angelaさんの歌はやっぱりいいな~。

本編ではエイジが常識外れな行動をして
周りの人類達を困惑させていました。
ずっと一人で生活していたのだから
これは当たり前の行動じゃないかと思う。
大半の人達は猿扱いしてたけど
いくらなんでも酷い、環境の違いを認めろよ。
人類を救う救世主だから
歓迎パーティーを開くというのも納得がいくけど
準備をしっかりしておけばいいじゃないか。

戦いの途中でディアネイラが言っていた
「12の契約」これは他の種族を支配したり
上の者の命令を決して裏切らないというので
明らかに人類優先の契約でかなり怪しいです。
他の種族の契約もその種族に対し
都合のいい契約なのでしょうか。
もしそうならば黄金の種族は黒幕的存在だね。

しかしエイジは強すぎです。
エネルギードレインまで使っているし
原時点では向かう所敵なしです。
最後に出てきた「銀の種族」の男の登場により
パワーバランスは改善されていくのでしょうか?



アイドルマスター XENOGLOSSIA 第2話「アイドルのマスター」 レビュー

2007.04.13

category : アイドルマスター XENOGLOSSIA

comment(0) trackback(3)

公式サイトを見たので
敵対する勢力があるというのはわかっていたけど
iDOLは隕石破壊の為のロボットだ
としか書かれていないので
iDOL同士で殺意を持ったバトルが起きた理由
が非常に気になります。
あずさと千早が別所属で
なんとなく似ているのは関係あるんでしょうか?

今回はiDOL自身が
意思を持っているという事に注目していました。
だって意思を持っているのなら
いずれ春香がまた乗ると思われるiDOL
「インベル」が春香のかっこいい
という言葉で目覚めてコックピットに乗せて
モニターにいっぱい春香の映像が出ていたのは
欲情したって事じゃない?
あのリボンがインベルのツボだったのかも(違)

春香が受けたオーディションは
実はアイドルマスターのオーディションだと
知って驚いていたのは最初やよいの様に
これはサギだろって思っていたけど
この作品の背景ではiDOLは皆知っているんだから
一種のケアレス…だよな。

というかやよいはいつまで
ペンギンの着ぐるみを着ているんだよ(笑)
もしかしてラジオの司会やってるときも
ずっとあのままだったりするのか?



桃華月憚 第2話「歌」 レビュー

2007.04.11

category : 桃華月憚

comment(0) trackback(0)

儀式によって桃花達が消滅していたり
寧々がまだ出て行っていない所から
前回の最終回の一部かもしれないっていうのは
間違っていないみたいです。

やっぱりこの話だけだと難解だけど
二つを照らし合わせてみると
大分わかりやすくなります。
桃香が桃花はもういないって
言ってた理由もはっきりしたし、
寧々が桃花は物語の登場人物で
実際にはいないと言ったのは
桃香、イサミヒコという人物に
関わった人しか覚えていないという事なのかもしれません。

恐らく最初の話は全てを断片的に出していて
今回以降は逆に進んでいくんだと思います。
となると桃花と真琴の風呂での話から察するに
次は明るい感じの話になるのかな?
面白いけど本当に難しいわ、この話。



らき☆すた 第1話「つっぱしる女」 レビュー

2007.04.10

category : らき☆すた

comment(0) trackback(3)

OPの踊りの違和感と
話の繋がりがつかめなかったのを除けば
まったりしたムードで行われていて面白かったです。
こなたは同様にゲームやアニメが好きだから
ネタもあるある~!と共感していました。
彼女の声は平野綾さんだけど
これは今までと違い新鮮な感じです。
何となく「ちびまる子ちゃん」みたいだったかな?

本編の中で明らかに雰囲気が違う
Cパートの「らっきー☆ちゃんねる」は
変化の激しいあきらのノリが良かったです。

EDはこなたのカラオケだったけど
毎週何らかの歌を歌っていくという形になるのか?
とにかく視聴は続けたいと思うけど…
チョココロネは結局どっちが頭なんだ?(笑)

ちなみにこれは「こなた市長」?




白石さんで浮かぶの→ハルヒの谷口とボーボボのスパーラビット

ながされて藍蘭島 第1話「ながされて、天国!?」 レビュー

2007.04.09

category : ながされて藍蘭島

comment(0) trackback(1)

「ハヤテのごとく!」と同様に
これも表紙だけは知ってます。(中身見ろよ)
女の子しかいない島か…別の表現をすれば
男に飢えた女ばかりの島って事だから
かなり恐ろしいな。
事実追いかけて来た人達は
明らかに実験対象みたいな感じで
追いかけてきてるしな(笑)
そのせいか今の所すずと一緒にいたとんかつが
自分にとって一番上です(笑笑)

けどその恐怖を除けば
羞恥心なしの混浴という設定もあるから
嬉しい…のかな?
あの入浴シーンは体を隠す為か
湯気が不自然に多くて残念でした。
KEEP OUTはそんなにやらなくても大丈夫さ!
むしろALL OKでお願いしま(ry



PSPでFateのアクションゲーム!?

2007.04.08

category : ゲーム

comment(0) trackback(0)

カプコン×キャビアで格闘ゲーム化するみたいです。
「フェイト!タイガーころしあむ」だそうです

…タイトルがいいよ。
藤ねえが主役だよ!
ウヒャヒャヒャヒャヒャ!


Fateが出るのなら…
やはり月姫関連も是非出して欲しいです。
もしくはフランスパンのネタみたいなのも開発して欲しいな…
CAPCOM フェイト!タイガーころしあむ



ハヤテのごとく! 第2話「三千院ナギの屋敷と、新たなる旅立ち」 レビュー

2007.04.08

category : ハヤテのごとく!

comment(0) trackback(0)

しりとりだ本当にしりとりだよ!
ハヤテのごとく→クリスマス→好き→嫌い
来週は「い」だ!「い」から始まるんだ!

ハヤテが死にそうになったり
日本に帰れなくなりかけたりして
何度も打ち切られそうになっていたて面白かった。
赤い入浴剤をぶちまけた後の流れ星は
本当によい最終回だったよ(笑)

先週も大量出血は自主規制されてたけど
やっぱり出血はテレビでは厳禁なのか。
風呂場や頭にトランプ刺さるとかのネタなら
リアリズムを追求するという意味も兼ねて
有りでも問題ないんじゃない?(オイ)

逆に大丈夫なの?って思うのはやっぱりコナン銅像
漫画では同じだから多分許されると思うけど
アニメでは大丈夫なのか?
まぁナギのデレが良いので気にしないでおくかぁ♪
バーロー




次回のタイトル…元ネタがいっぱい浮かぶ…

ヒロイック・エイジ 第1話「滅びの星」 レビュー

2007.04.07

category : ヒロイック・エイジ

comment(0) trackback(1)

蒼穹のファフナーのスタッフが再集結している
壮大なSFアニメだという事で見てみました。

主人公のエイジは
食べるという事に感謝していたり、
初対面の人類に対し笑顔で接していたりと
優しい所がたくさん出ていたので気に入りました。
まぁエイジは人類が来るという事を知っていたみたいだけど。

エイジが変身(?)したロボットは
人類が苦戦していた
あのイモムシみたいなのを衝撃波だけで
一気に粉砕してしまったり、
コアみたいな小惑星を破壊したりと強すぎないか?
最初であんな強いんだから
他の種族による戦闘はもっと凄いのかな。
スケールは考えていたのより壮大みたいです。
特に楽しみなアニメの一つになりました。



Darker than BLACK -黒の契約者- 第1話「契約の星は流れた…(前編)」 レビュー

2007.04.07

category : Darker than BLACK

comment(0) trackback(0)

コードギアスの後番であるせいか
あらゆる所で無茶苦茶被ってると感じてしまいます。

し~つ~と契約を成立して…


重力無視のギアス認定w
ギアス発動!!

だがその力は人を孤独にする…
よって精神崩壊を起こし…


指を折る!!



ギアスが両目という事は契約してかなり時間経ってますね~
こういう奴はぜろにとって邪魔な存在です。


つまり犯人はゼロ(嘘)
よって殺される…

という感じだったからです。ギアスに染まってますな…
ちゃんと一つのものとして見なきゃダメだよな…


真面目に感想をすると、
主人公の李(ヘイ)が中国人留学生になりすまして
スパイみたいな活動をしているっていうのは
何となく現実的な話だと思います。
それと契約者は人間の感情が希薄になるというせいか
目が恐いというかレイプ目の人が多いのは
異端の雰囲気が出てていい感じです。

ヘイは人の心を持っている契約者だというけれど
やっぱり時折見せていた真面目なときの目は恐いです。
まだ最初の話が終わっていないので
少しゴチャゴチャな感じですが
夜の風景が会っていて面白いので
喪失した目に期待して次を待ちたいと思います。



真説ボボボーボ・ボーボボ4巻を買いました

2007.04.06

category : 雑記

comment(0) trackback(0)

目に入ったので即行で買いました。
真説ボーボボの4巻


真の力を得たナメ朗戦~JOY名人との3狩リア戦の途中
まで描かれています。
ポルストロイと真説ボーボボの技はかなり迫力がありました。
ツッコミたかった所は初期のチンチロ姫って
ロン毛で髪染めてて黒賭博の服着ていたのか!って所、
勝負時は黒髪で和服
その時のチンチロ姫しか覚えていなかったからびっくりしました。
記憶力が乏しいのは時にはよい事だ。
まぁ第1部で田楽マンも1話で体格が
横長から縦長に変化したりしてたんだけどさ。


アイドルマスター XENOGLOSSIA 第1話「上京ペンギン」 レビュー

2007.04.06

category : アイドルマスター XENOGLOSSIA

comment(0) trackback(1)

アイドルマスターのキャラを使って
舞-HiMEみたいな感じらしいです。
設定や声優がゲームとは違うみたいだけど
元のゲームを詳しく知らないので違和感なく見れました。
確か元はプロデュースするゲームだったっけ?
もしそのままでアニメ化していたら
らぶドルみたいな感じになってたかも。

女性が多いというのを除けば
始まりは安定していたと思います。
だけど月の破片を除去する為のロボットの名前が
iDOLだとやっぱり人間を発進させてる感じになるな。
そのアイドルの名前は何ていうのさ?って思ってたよ。

iDOLはドロップという
月のかけらの被害を防ぐ為のロボットらしいけど
どういう風に戦いが激しくなっていくのか
全く予想がつきません。
やっぱりアイドルとしての活動とかも入っていくのかな?
まだよくわからないのでしばらく様子見です。



桃華月憚 第1話「桜」 レビュー

2007.04.04

category : 桃華月憚

comment(0) trackback(0)

ORBITのブランド、ROOTのPCゲームが原作で
凄くいい意味で変態の集まりである
「ヤミと帽子と本の旅人」の
主要スタッフが再結集しているので
俺が期待しているアニメの一つです(笑)

まだゲームは発売していないので
桃華月憚の前作に当たる「顔のない月」と
原作、アニメ版の「ヤミと帽子と本の旅人」
が予備知識になるかなと思っていたけど
全く役に立たないかもしれないです。
難しい導入編でした。

なんで由美子は桃香の事を
女だと思ってるんだろう。
桃花は由美子の小説に
出てくる人物であって実際にはいない
って言っているのに最後に出てるぞ?
ノートパソコンで書いてる小説と
直筆で書いてる小説には何か違いがあるのか?
お父さんの右目はギアスなのか?
と考える事が非常に多かったです。
特に由美子関連が多かったかな。

「ヤミ帽」でも時間を微妙にずらして話を進めていたから
これは途中とか最後とかの一部なのかもしれません。
とにかくこれからも考察を続けていく作品
だというのは間違いなさそうです。




桃香と桃花ってごっちゃになりそうだ~!

ハヤテのごとく! 第1話「運命は、英語で言うとデスティニー」 レビュー

2007.04.03

category : ハヤテのごとく!

comment(0) trackback(1)

原作→表紙しか分かりませんよ
情報→パロディが多い、アイキャッチがしりとりだ。
     天の声がぶるぁぁああ!!

…という状況で見ました。
しりとりっていうのは
「ハヤテのごとく→クリスマス」
だからわかるけど
パロディはあまり気づかなかったです。
もしかしてタイトルが
「SEED DESTINY」と被せたって事?

話は笑えるけどギリギリなネタが多いと思う。
人身売買とか誘拐計画とかは
朝にやるネタじゃないだろ(笑)
あのろくでもない親にも腹を立ててばかりだったよ。

後、天の声(ナレーション)が若本様なので
かなり存在感があります。
いっそあのリアリズムなサンタも
天の声にしてしまえば面白かったかも。

告白されて顔を赤らめるナギにはハマりました。
ナギが誘拐された時や一番最初に
ハヤテの名前を叫んで助けを呼んでいたけど
どっかで見たことあるよな~。
パロディは自分が思っている以上にあるのかもしれません。
予告にもコナンの銅像みたいな物体があるし
どれだけギリギリに挑戦するのか来週も期待です。



コードギアス 反逆のルルーシュ 第23話「せめて哀しみとともに」 レビュー

2007.04.01

category : コードギアス

comment(0) trackback(3)

怒りと悲しみで皆の顔が凄い事になっている…
(ディートハルトという例外もいるけどww)
特にニーナの絶望顔はやりすぎだろ。
いきなりあれが出るとさすがにびびる。
ユフィが死んでコーネリア、スザク、ニーナが
ゼロに対する復讐で燃え上がっているので気づいたけど
ユフィって色んな人に愛されてたんだな。

銃で殺したルルーシュも
ユフィを愛していた一人であるだけに
スザクがユフィの最後を看取っている間に
合衆国日本を宣言し、
多くの日本人、名誉ブリタニア人の信頼を得るやり方は
仮面で判らないけどとんでもなく辛かったんじゃないかな。

そこから始まるトウキョウへの反乱の途中で
打ち切りのような終わり方をしたけれど
まだまだ多くの謎があるので
残念であり続きが気になります。
夏に24話、25話を放送して第一期が終わりだけど
それはこの反乱の一部始終を放送しそうだ。
まだコードギアスは終わった訳ではないので
しっかり余韻を残して置きたいなと思っています。




ナナリーの電話は絶対狙っているだろ。
プロフィール

GIN

Author:GIN

カウンター
月別アーカイブ
07  05  04  01  07  02  06  04  03  02  03  10  09  08  07  06  04  02  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

Copyright ©今頃かよ!. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。